WORK FLOW

住まいの作品については
こちらをご覧ください

SYSTEM住宅の設計・監理業務のすすめ方

設計監理業務の内容

  • 土地取得のアドバイス
  • 関係省庁の調査
  • 基本設計図、実施設計図面の作成
  • 工事予算の調整と施工業者の選定
  • 現場監理と施主・業者との打ち合わせ
  • 建築確認申請・各種申請
  • 資金に関する相談
  • 内外装のコーディネート
  • カーテン・ブラインドのアドバイス
  • 家具の選定・アドバイス
  • その他必要な事柄

住宅の設計監理の流れ

住宅設計監理の大まかな流れを図式化しておきますので参考にして下さい。

1ご相談(無料)

私たちの住宅作品プロフィール図面、模型などを見ていただき私たちの住宅にたいする考え方をお伝えします。

お客様のライフスタイルやご要望、「すまい相談シート」をご記入頂き、ご希望の「すまい」について詳しくご相談します。また、気に入っている住宅などの雑誌の切り抜きや住宅の書籍を提示してください。コストにかかわらずご希望を伝えてください。

2ファースト
プランニング作成
※ファーストプラン提案後、キャンセルされる場合は、作業料として3万円(税抜)をご請求させて頂きます。

何度か打合せを重ね、敷地調査や役所調査を行いラフプラン・工事費概算見積をご提出いたします。

敷地・役所調査
<調査内容>
  • 周辺環境確認
  • 建築に関する法規の制限
  • 地盤の様子(設計時は地盤調査必要)
  • 日照方向の確認
  • 水道・下水道・都市ガス・電柱等の確認
上記項目を確認後、
ラフプラン作成・工事費概算お見積のご提出
<お見積内容>
  • 工事概算見積(使用材料・工法・予算配分の説明をします)
  • 住宅建設に関わる諸費用
  • 設計監理料
3基本設計
※着手金(10万円)を頂いております。(これは、設計料に含めております。設計監理契約時にはこの着手金を設計料に充当します。)
ファーストプランが気に入って頂きましたら基本設計に入ります。
ここでは、さらに具体的に要望をお聞きし、予算調整をおこないながら図面に反映させていきます。
4設計監理契約
※設計監理料の20%支払い(着手金10万円含む)
基本設計が決まり次第、設計監理契約をしていただきます。
また、設計・監理にかかる費用、諸経費等を算出して契約前に説明させていただいております。
5実施設計図面の作成
設計図面の作成に入ります。(A2図面ザイズ30枚程度)
設計に先立ち、地盤調査 (別途料金)をおこないお客様に報告書を提出いたします。
6実施設計図面の完成
※設計監理料の40%支払い
実施設計図作成期間は、2ヶ月~3ヶ月(標準)。
打合せを重ね、意見を出しあいながら、
図面と照らし合わせてお客様にご説明・確認をし、図面を作成していきます。
(材料サンプル提出、照明計画・オーダー造り付家具・キッチン計画・外構計画の提出、ショールーム同行)
7建築確認申請
※申請手数料は別途頂きます
申請確認期間35日(標準)
8工務店・建設会社へ
見積依頼

見積を依頼する工務店・建設会社を選定します。
選定方法は、通常3社程度による見積合わせとします。
工務店・建設会社は、弊社からでも推薦いたしますし、お客様の知り合い会社による見積もり参加も可能です。
設計図書と 見積内容を比較検討(金額・数量・不明ヵ所確認)して1番よいと考える会社をお客様に推薦します。

予算オーバーの場合は、設計変更案の提出をします。

請負金額が決まると、正式契約になり調印に立会います。

9工事着工
※設計監理料の20%支払い

工事に先立ち、地鎮祭をおこないます。
神主さんは工務店からも依頼出来ます。(御礼金は3万前後)

工事期間は6ヶ月前後となります。

工事中は、監理チェックシートに基づき監理をおこないます。
各工事ごとに検査に立会います。

10工事完成・完了検査・引渡し
※設計監理料の20%支払い

建築確認検査機関による、建築完了検査に立ち会います。

また、完了時はお客様立会いのもと、設計事務所の完了検査をおこないます。
不具合部分や未完成部分は期限を定めて再検査をいたします。
各種保証書の確認や使用説明をします。

追加加算業務通常の設計監理に含まれない業務

  • 設計の前提となる敷地測量、地質調査等、条件策定の為の調査費用
  • 現況建物実測調査
  • 建築確認申請を除き、その他法令手続きの為の資料作成及び申請手続き
  • 補助金または融資等、手続きの為の資料作成
  • 近隣問題対策の為の資料作成(日影図等)
  • 建築主の都合その他条件変化による、大幅な設計監理変更による作業量

FEE住宅の設計・監理業務にかかる費用

設計監理料の目安

建物の種類 計画時の予想工事金額
一般住宅・併用住宅・リフォーム・店舗
計画時の工事金額の1500万円までは
150万円
計画時の工事金額が1500万円を超える場合
(工事金額-1500万円)×10% + 150万円 + 構造計算料 ※構造計算料は建物の構造によって異なりますが一般的な木造在来工法の場合は頂きません。
その他(医院・マンション・事務所ビル・工場) 相談に応じます

設計監理料について

  • 設計監理料は、敷地の状況・建物の内容・設計の難易度・構造種別・設計監理作業量により変わることもあります。
  • 基本計画時に、計画工事金額・住宅建設に関わる諸費用とあわせて設計監理料も算出し、トータルの費用として提示いたします。
  • 設計監理料は、基本計画時の工事金額から算出します。
    又、工事金額は、標準の住宅を前提として算出し、個別の条件を付加しています。
    決定工事金額は、計画工事金額と違っても、設計監理料の増減はありません。
    なぜなら、設計の努力や施工者の努力によって、工事費は減額できますが、それに伴う設計作業量はかわらないからです。私共の仕事の内容をご理解下さい。
  • 設計監理料に含まない諸費用
    • 確認申請(中間・完了検査)手数料代
      (建物規模・申請機関により異なります)
    • 地盤調査代(簡易式)
    • 浄化槽設置申請代
    • 道路占用等他の別途必要とする申請手続き代
    • 性能保証・完成保証等の保証料と申請代
    • 交通費:岡山県外は実費をいただいております。
    • 敷地測量
    • 現況建物実測調査
    ※開発許可申請・開発行為の届出申請(別途必要時)は、司法書士・土地家屋調査士にご依頼下さい。

設計監理料は建物の用途、設計の難易度、構造種別、設計監理作業量の内容により変わります。
詳しい内容の問い合わせはメールにてお願いします。

AREA営業の範囲

仕事をさせていただける範囲

東京のお客様が、岡山に建てられた住宅の設計もしています。
リビングデザインクラブの会員ですので
東京では、リビングデザインセンターOZONEの打合せ室を利用しました。

また、中四国、関西地方は日常的に、仕事のエリアとして出かけていますので対応可能です。

日帰りできる圏内は仕事をさせていただける範囲と考えています。

CASE STUDY設計から施工について

O邸街中の大人のための隠れ家 住まいができるまで
O邸の設計プロセスを、順を追ってたどってみましょう。

1ご相談

Oさんとは、共通の知人を介して知り合いました。
住まいづくりは施主さんと設計者の共同作業になります。
最初は、まず事務所に来ていただいてお話を伺うことからはじまるのが一般的です。
Oさんの場合は当時東京に住まれていたこともあって、メールでのコミュニケーションとozoneでの打ち合せが中心となりました。

2ファーストプランニング作成

プランニング(平面計画)
Oさんとの対話を通じて、要望事項や住まいに対する想いを確認しながら、私たちのアイデアとイメージをプラスして間取りを考えていきます。わたしたちが最初に提案した案が下のスケッチです。

2階に主な生活空間を集約してプライバシーを守ります。
同時に、周辺から心理的な距離を確保することで、見晴らしのよさと開放感を得ることが可能です。
広々とした『オープンバルコニー』は第二の居間的スペース。ガーデニングを楽しむことも、夏場のビールも周囲を気にせず気の向くままです。ダイニング前にも小さな中庭をとり、半屋外空間として利用できます。
新しい住まい方の可能性が広がります。

  • 2階平面図
  • 1階平面図
3基本設計

基本設計(建物の形や、大まかな仕様の決定)
イメージを具体的な形にし、アイデアを各所に盛り込んで建物の要所を決定します。
予算内でコストパフォーマンスに優れた家を目指します。
間取り、工法、材料、材質、設備、仕上げ、各部仕様・・・etc
もちろん施主であるOさんと相談して、確認しながら進めていきます。

  • 1階平面図
  • 2階平面図
  • 南立面図
  • 東立面図
4設計監理契約
5実施設計図面の作成

実施設計(建物の細部にいたる部分の決定)
基本設計で決定した枠組みの中で細部にいたる各部分の決定をしていきます。雨仕舞い、建具、造り付家具、採用工法のおさまり、照明器具、設備機器、室内のカラーコーディネート、素材選定・・・etc
扉のつまみ、把っ手に至るまで多くの選択肢の中から納得いくまで検討します。
最終的に施工業者に見積もりを出すための図面としてまとめます。
住宅の場合30枚程度の図面になります。

  • 書斎廻りの検討
  • パッチワークコーナー廻りの検討
  • 浴室廻りの検討
6実施設計図面の完成

図面がまとまった時点で、図面の内容や使用材料、器具などをカタログや現品見本をご提示して確認していただきます。
変更を要望された個所は再び検討して、実施設計を完了します。

7建築確認申請

建築確認申請や各種申請を行います。

8工務店・建設会社へ見積依頼
  • 見積書:細目まで精査します

実施図面が完成すると、工事に適していると思われる工務店数社を選定して見積もりを徴集します。(見積期間:)約2週間程度

見積内容を図面に照らし合わせてチェックし、提示金額結果をご報告します。見積書には材料の数量や種類を細かく計上してもらい、工事途中で見積もりにもれていたり、追加工事になったりしないようにします。

その後、最も適正であると判断できる建設会社と工事契約をしていただくことになります。

この頃には、申請関係も許可がおり、工事着工が近くなります。

9工事着工

工事着工・監理業務 (住宅の品質、性能を確保する)
一般的な住宅の場合、工期は5、6ヶ月です。

着工から完成まで、「工事監理シート」に基づき工事工程ごとに監理検査を行います。
工事工程と、施工図、施工品質のチェック、コンセントや照明器具の位置、各部取り合いの調整をします。
インテリアの色彩決定に関しても、随時施主さんと連絡しながら決めていきます。

工事が進むに従い、O氏との情報交換もより密なものになりました。
現場の状況写真をメールで送り、その都度報告することで工事の進捗を把握していただきました。

  • 基礎配筋
    (D10@200縦横共 ダブル)
    防湿ポリエチレンフィルム敷
    砕石地業
  • 型枠建込み
    (打放し仕上用 ウレタン塗装合板)
  • 2階軸組み(内観)
  • 2階床見上げ
    吸音材敷きこみ
    筋交い金物
  • 2階中庭
    外壁外断熱施工状況
  • 住居 貸室間遮音間仕切
    グラスウール充填
    プラスターボード2重張(両面共)
    建設大臣個別認定仕様
  • 外部足場組
    養生シート張り
10工事完成・完了検査・引渡し

工事がほぼ完了すると、設計の品質、性能で出来上がっているか厳しく検査します。詳細な完了検査項目表により検査を進めます。
不具合がある部分はすべてリストアップし、ダメ出しをします。もちろん検査結果を施主さんに報告し、手直し工事、再検査を経てすべての工事が完了します。
最後はOさんのご家族皆さんに立ち会っていただき、確認作業を行いました。

Oさんにお会いしてから約1年間で住宅が完成しました。
時間をかけて創った住まいは、「想い」をカタチにした世界に一つだけの住宅です。

時を経て、ますます心地よさを感じることができる住宅になったと思います。

O邸街中の大人のための隠れ家
住まいの作品については
こちらをご覧ください