BLOG

建築案内 海外編

2016.10.16ジェフリー バワスリランカ

スリランカの建築家ジェフリー バワの別荘 不思議な静けさ スリランカの自然の大地に 彼があこがれたイタリアのローマ時代の建築がある 現実離れした浮遊感 ...

MORE

2016.02.29ロンドン テラスハウス7

以前、ロンドンのテラスハウスの元はパリのヴォ―ジュ広場にあると書きましたが、 ヴォ―ジュ広場を囲む建物は、17世紀の初め、 アンリ4世によってつくられたそうです。 やはり、ロンドン...

MORE

2016.02.20ロンドン テラスハウス6

都市型住居としてのテラスハウスの特徴 建物が3メートルほど道路よりセットバックしていて、 歩道との間にドライエリア(空堀)があります。 地下は建てやすいように、半地下になってい...

MORE

2016.02.13ロンドン テラスハウス5

テラスハウスは日本ではなじみのない住居形式です。 建築基準法では「連続長屋建て」ということで、 イメージがそもそもよくありません。 長屋建てとは、共有部分を有しない住居ということで...

MORE

2016.02.07ロンドン テラスハウス4

引き続き、ロンドン サウスケンジントンのテラスハウスの写真です。 通りの左右ではタウンハウスのファサードデザイン(外観)が違っています。 右は、クラシック風、よく見ると各時代のデザ...

MORE

2016.01.30ロンドン テラスハウス3

ロンドン サウスケンジントンのテラスハウスです。 大変に横に長い建物です。 デザインは比較的新しく ネオクラシック  1階のエントランス周りはギリシャ風です。 古典的要素を取り入れ...

MORE

2016.01.26ロンドン テラスハウス2

ロンドンにある広場(スクエア)を囲むテラスハウスの原型は、実はパリにあります。 17世紀初頭、パリの現在の3区マレ地区につくられたボージュ広場がオリジナルです。 当時は少しフランス...

MORE

2016.01.15ロンドン テラスハウス1

19世紀 ロンドンの新興住宅地、サウス・ケンジントンにできたテラスハウス、 産業革命後に増える新興富裕層(中産階級)を対象として 住宅地は旧市街から外側に広がっていきました。 写真...

MORE

2016.01.09ロンドン  サー・ジョンソーン邸

ロンドン、大英博物館の近く、リンカーン・イン・フィールドという 広い緑地を囲むようにして建てられている テラスハウス、17世紀から19世紀にかけて、 爆発的に増える新興都市富裕層対...

MORE