BLOG

2017.09.09南蛮のみち

「16世紀以来、私どもの文化を刺激し続けてくれたヨーロッパは、それが尽きるサグレス岬まで来てみると、もう地面はこれっぽっちしかないのかというかぼそい思いがしてくる」

司馬遼太郎のイベリア半島の旅は、ポルトガルのサグレス岬で終わる。

16世紀はこの地からザビエルがマラッカ経由で日本に向かった時代である。

文化的には多くの影響を得ていながら、それでも遠い国ポルトガル。